カードローン期限内に返済できなかったらどうなるの?催促はあるの?

カードローンを利用すると、基本的には毎月一定金額を返済することになります。返済方法によって、毎月一定の金額を支払うのか、毎月若干変動していくのかが決まります。

一括で返済ができる場合は一括で返済をしてしまっても良いのですが、毎月少しずつ返済をしている人が多いでしょう。ちなみに返済日は自分自身で指定できるのではなく、カードローン会社が指定をした日に返済をすることが多いです。

自分自身で返済日前に入金をすることもあれば、自動的に口座から引き落とされる場合もあります。

しかし、ここで気になるのが指定日に返済ができない場合です。もしカードローンの返済指定日に返済ができない場合、お金を用意できない場合はどのようになるのでしょうか。

カードローンに返済ができなかった場合に起こること

もし何もカードローン会社に言わずに返済をしなかった場合は、カードローン会社から連絡が来ます。初回の連絡は電話経由の場合が多いでしょう。電話で指定日に入金がなかった、口座から引き落とすことができなかった、などの連絡が来るかと思います。初回の連絡では厳しく問われることもないでしょう。

一度の返済忘れを体験する人は少なくはなく、この段階でいつまでに入金をしてくださいと連絡を貰うはずです。初回の連絡で言われた期限までにお金を用意することができれば、問題はありません。信用問題に若干傷がつくかもしれませんが、すぐに返済をしていればそこまで大きく影響を及ぼすことはないでしょう。

しかしこの電話に出なかった場合が問題です。カードローン会社への支払いができなかったとなると不安に感じてしまい、電話に出たくないと感じる人も多いでしょう。また、電話に気付かない、忙しくて出られないという場合もあるかもしれません。

もしカードローン会社からの電話を無視すると、今度はハガキなどでの連絡が来ます。ハガキでの催促状は通常よりも大幅に延滞しているので、遅延損害金などが発生する可能性があります。出来るだけ早く支払うようにしましょう。 遅延損害金は日割り計算でどんどん返済金額が上がっていきます。

ハガキが届いても返済をしなかった場合は内容証明郵便で一括返済を求められます。内容証明郵便すら無視をしていると今度は法的措置をとる形となり、裁判で差し押さえられる可能性があるので注意をしてください。

基本的に、数日遅れる程度であれば問題はありません。返済が遅れた場合は、できるだけ早く連絡をして、できるだけ早く支払うようにしましょう。